よもぎってなつかしい その1

僕はよもぎと言う言葉を見てすごく懐かしくなりました。小学生の頃に作ったよもぎ団子以来全然食べていなかったので今にでも食べたい気持ちになりました。家の近くによもぎがたくさん生えているのですが子供の頃に袋いっぱいよもぎを詰めて持ち帰った事を今でも覚えています。結局その中のほんの少しだけ使って料理をして後は捨ててしまいました。でも夢中でよもぎを取っていたことは僕の中で楽しい思い出です。最初は独特の匂いに悪戦苦闘していましたがいつからかその匂いに慣れてしまいました。慣れたというより好きな匂いに変わっていきました。今でも土手を歩いているとよもぎの匂いが漂ってきてとても懐かしく楽しい気持ちになります。こんなにいい物なのにお店などではあまり見かけません。すごい損をしている感じがしてもったいないです。もっとよもぎの商品が開発されてどんどん世界に広がっていって欲しいです。

芦屋 中古マンション 分譲

加圧トレーニングスタジオ大阪

整体師の評判は?

独学サポート事務局

リフォーム 川西 水回り